スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
P名別カテゴリー 【あ~お】
■ひらがな、カタカナ、漢字読みを含みます。  ・複数作品のあるPは投稿降順です。





【あかしP】
(赤がいいけど)大きなリボンがかわゆす。楽しげに踊る姿がやっぱり似合ってる。今回はセフセフを祈りたい。



【赤菱P】
米米クラブから。まるで思い出の1シーンのような演出がひときわ目を引きます。このままアイドル達と浪漫飛行へ行きたい。



【赤ペンP】
太棹の津軽三味線の音色に合わせ、千早と美希が天真爛漫に舞を披露します。まさに六藝に心游ばせるといったところか。


見せずに落とす。一瞬ひるむが、見る側も負けてられない、そんな1本。セレナード13番に乗せ、舞うは2体のお人形。



【あきお:P】
親のいる前でプレイ出来なかった記憶が蘇る。しょっぱなからいきなりぶっ放してます。フレーム処理に膝を叩きます。






【井川KP】
曲の雰囲気に合わせた映像処理、そしていおまこの見事なシンクロ。サンホラの世界観に引き込まれます。



【いちげきP】
スカの裏打ちビートとがっぷり四つを組んでます。速度の変化にもきっちり対応、スッキリ感が残ります。



【いっそのことP】
事件は・・・いや、多くは語るまい。謎解きはアナタが。


アイドル達の適役っぷりに感嘆。流れるようなダンスに、淀むことのない演出。みごとに原作を彷彿とさせます。


この既視感はなんだろう。遠い昔の記憶が細胞レベルでインプットされている。この曲はそれを思い出させる。


これはあずささんファンは逆に見てはいけない。彼女のイメージが変わる。なんとも妖艶な。


ビッグなのはアレですか。お・・・あ、いや、みなまで言うまい。ははぁ、だからこのトリオだったのか。


軽快なFC音源に乗って、はるかが楽しげにステップを踏みます。アクシデントはご愛嬌。


中村光一の名作ドアドアの曲に合わせ、楽しくアイドル達が踊ります。メガネ的にKYORO-KYOROはりっちゃんか。


いや、関西人じゃなくてもおなじみなコレ。何かが始まりそうな、そんな予感が。






【うえっちP】
画面構成にファン感涙。随所で見せる重ね合わせた画像が当時を彷彿とさせます。






【えーじP】
ベンチャーズと「同じ舞台」でアイドルたちが息もピタリとトントンスコトン踊ります。



【えびP】
あのー、この子誰ですか。アイマスの子でお願いします。って伊織かっ。新アイドルかと見まごう程の映像美。






【おかしなみなP】
髭兄弟。なにかと滑稽な二人だが今回はきっちりリズムに収めてます。曲調ごとの演出も魅せてくれます。



【おきな。P】
アイマスでは難しいとされている3/4拍子を見事乗りこなしています。



【おしりP】
閣下が攻めてきます。様々な呪文を使って愚民を増やそうと。その都度みられる魔法エフェクトは圧巻。



【男坂P】
やっぱりラスボスは閣下なのか、そうなのか。最終兵器はもちろんドリル。



【親父の味P】
つかみが気持いい。その勢い消えぬまま最後まで突っ走る爽快感。無論、息切れは無い。



【オルタP】
この楽曲にこのダンス。な、なのに緊張感が感じられないのは閣下の笑顔のせいか。


このテンションはどこから。ディストーションサウンドに閣下。見事にハマってます。


同じ作品での修正4度目のうp。シンクロ・演出の絶壁はかくも高く険しいものだったのか。しかし氏はこれを乗り越えた。


戦慄のシンクロニストが再び首をもたげた。今回は、ゆきかっかのデュオで灼熱のリズムを把握する。




スポンサーサイト
【2008/05/21 23:23】 | 【あ~お】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。